TOP > 高い賃貸利回りと入居稼働率

realstate-img-img01

フィリピン不動産市況

BANNER 高い賃貸利回りと入居稼働率
realstate-img-img05 アジア最高水準の平均グロス賃貸利回り7%超
マカティCBD高級コンドミニアムの空室率5%以下

首都圏では年間10%以上の高い利回りを獲得している物件も数多く見受けられ、フィリピンの不動産市場はリーマンショック以降も好調にその水準を伸ばし続け、平均グロス賃貸利回り率は7%超となっています。これはアジアでも最高水準です。人気のある比較的コンパクトなコンドミニアムが好環境な立地にある物件が多い上に、アジアの中でも割安感があること、空室率が低いことなどがその理由です。マカティCBD内の高級コンドミニアムの空室率は5%以下となるほど富裕層から高い人気を得ています。家賃水準は長期的にも上昇傾向なため、フィリピンの不動産投資は将来も安定的に期待できる見通しです。

realstate-img-img05 首都圏の入居稼働率は極めて高い約90%

ここ数年の経済成長率や人口増加率の上昇は著しく、富裕層の世帯数も大きく増え続けており、これらに起因する住宅需要にますます拍車がかかっています。
マニラ首都圏の入居稼働率は約9割と、国際的な観点からみてもその稼働率は高水準を記録しています。アベノミクス効果もむなしく、経済の低迷を続ける今の日本に比べ、将来性と高い利回りの魅力がフィリピンには存在します。

realstate-img-img05 家賃滞納などの回収リスクが低い

フィリピンの習慣として4万ペソ程度からの物件は、1年分の家賃を前払いで現金または小切手で済ませるのが一般的です。それ以下の場合でも2~6ヶ月分の家賃支払いや、保証金(通常2ヶ月分程度)も予め預かる制度なので、入居者の失踪などによる家賃滞納などのトラブルリスクはとても低いです。

realstate01-img-mg01 realstate01-img-mg02 realstate01-img-mg03
■東京オフィス [お客様窓口]
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-16 SVAX浜松町Ⅱビル2F
Phone.03-6450-1240 FAX.03-6450-1443
■マニラ本社 11F Tower1, The Enterprise Center, 6766 Ayala Ave,
Makati 1220, Philippines
Phone.+63-2-869-4444 FAX.+63-2-556-3333